東京人妻出会いSNS

  • 投稿日:
  • by

東京人妻出会いSNSで知り合った人妻とラブホに行きました。

ベッドであおむけに寝ていた人妻が起き上がってエッチをねだると、私は驚きました。
「こんなかわいい顔をして、そんなことを言うなんて・・・」
もう一度東京の人妻をまじまじ見ると、彼女の下着は濡れていました。
私がそのパンティーをおろすと、さらに驚くほどの濡れ具合でした。
1人しか女性経験のない私には、ちょっと驚きでした。おまけに日焼けしているみたいにそこだけ黒くて、ものすごく卑猥なのです。
でも少しも嫌悪感はなく、むしろ興奮度が増しました。人妻の色気といいますか・・・。
エッチするとものすごく気持ちいいんじゃないかな、なんていろいろ妄想しました。今日のこの人妻との出会いに感謝です。
アソコををぺロぺ口舐めたり、舌を動かしておしゃぶりしたりしていると、頭をなでなでされました。
うれしくて、クンニをしながら見上げると、彼女は顔を真っ赤にして興奮している様子でした。私の顔をじっと見おろしながら興奮した表情です。
気持ちいいなんて人妻に言われて得意気になった私は、ひたすらに都会育ちの人妻にクンニしました。

私は、クンニは好きなのいで、ずっとしていたいくらいでした。彼女がいくのを我慢しているのがわかりましたが、私のほうがその間に我慢できなくなっていました。
そして、挿入体勢です。
彼女の体を押し倒した私は、勢いよく挿入しました。
ギンギンになっている私の硬い男性器を舐挿入しました。
ヒクヒク濡れまくっているアソコに入れてみたいという欲求に駆られたのです。
「我慢できないのここに、入れて」言いながら、ゆっくりと腰を落として先端を、自分に押し当てていました。唾液でぬるぬるした性器は、その何倍もヌルついている自分のワレメの入り口に、すぐにはまりました。
さらに腰を沈めて奥まで入れようとした瞬間、亀頭の広がった部分が窮屈そうに引っかかってしまい、怖くて動きを止めました。そんな感覚は初めてでした。すると私の腰を両手でつかんで心配そうに言いました。
「キツイんだもんな」
強烈な心地よさに頭がおかしくなってしまいそうでした。無我夢中で腰を振りすぐにイッテしまいました。
次の瞬間、体じゅうの毛穴が開いてしまうような、震えの止まらない快感に襲われました。私もあわてて男性器を引き抜き、白い液体を放出しました。
彼女のほうも私の体が忘れられないと言い、人目を盗んで東京のラブホで激しいセックスをしました。
会えない日も、彼女とのセックスを思い出してアソコがすぐ濡れてしまうほどです。不倫掲示板

大人の人妻ブーム

  • 投稿日:
  • by

「大人の人妻ブーム」という言葉はマスコミが勝手に作った言葉であり、大人の女性が好みの男性は昔からいたと思います。あくまでも憶測ですがある芸能人が堂々と「人妻が好き」と公言したことで、他の人たちも「実は自分も熟女が好き」と言いやすくなっただけのような気がします。
実際、テレビに出ているタレントでも数人「実は自分も熟女が好き」と公言した人がいます。
また、最近「美魔女」と言われている方々もいますが、昔から年齢よりずっと若く見える方はたくさんいたし、モデルなどで活躍していた人はいました。
ただ、マスコミが話題に取り上げなかっただけだと思います。
「ブーム」という言葉を使ってしまうといつか終りが来ます。以前から熟女が好みだった方やモデルとして活躍していた方はたくさんいるのにマスコミが煽ることでいつかは終わってしまう「ブーム」に変えられたことは少し残念に思います。
人妻と呼ばれている人達の魅力は、その落ち着きだと思います。
近年は、女性に対して男性は積極性が欠けたり内気だったり、受身の男性が増えてきたように思います。
それを考えると、大人で様々な人生経験を積んだ人妻たちの大人の落ち着きや、心地よい積極性、若い女性のように細かいことで嫉妬しない器の大きさなどが、今時の男性に受けているのかもしれません。

人妻とSMプレイ

  • 投稿日:
  • by

飲み友達の人妻達の本当の名前や素性など、詳しいことは何も知らないんです。
その人妻だって、私に関する個人的なことは知らないはずです。
それでいいの。彼女は私の「ご主人様」で、私は彼女の従順なセックス奴隸にすぎないのです。
その人妻出会いは、ネットかきっかけです。今、流行りのSNSです。
そういう関係だからこそ、あんなにも異常なプレイを楽しめるのです。
快楽に溺れることができるんですから。
どこかのサイトで私の名を見かけることがあったら、その時はどうぞ遠慮なく命令を私にしてください。あなたと私にご縁があるのなら、きっとあなたは私のご主人様になるでしょう。
私は身も心もあなたの前に投げ出し、どんな恥ずかしい命令にも従います。
恥ずかしい姿を見てそそり立つあなたの息子をいたわります。
人妻なので恥じらいはありません。仕事中に私の携帯に1本の電話がありました。
いつものご主人様なんですが、携帯の番号を教えてないのにびっくりしました。私が、シャワーを浴びている間に番号をゲットしたようです。人妻なので旦那にばれたら大変です。
私は、今まで以上にご主人様の言うことをきかないといけなくなりました。

b.jpg

熟女人妻ブーム

  • 投稿日:
  • by

熟女人妻ブームだと言われていますが、本当にそうなのでしょうか。
あまり実感はないですね。ただ、日本社会が高齢化してきて、元気な高齢者の男性や女性が多くなっているのは事実です。70代とか80代の男性から見れば、50代や60代の女性だって十分に相手として見られるのかもしれません。
そういう人たちから見れば、「若い子」ということになるわけですから。
高齢化とともに、見た目若くて元気な女性が増えてきたのも事実ではないかと思います。
吉永小百合のように、70歳近くても「美しい」と言えるような人がいますし、桃井かおりのような60代のいい女とか、秋吉久美子のような50代後半の美女も存在しますね。
あと、いまどきの20代くらいの男性は草食化していると言われていて、同年代の女性が同年代の男性にあまり魅力を感じず、40代男性と付き合うという傾向もあるようで、20代男性は自分を受け入れてくれる年上の女性に目が向く、ということもあるかもしれないと思います。ともかく、40代、50代でもきれいな女性というのは、昔から考えるとずいぶん増えてきたように思います。人妻の場合、あまり男性のえり好みもしないでしょうし、そういう点でも付き合いやすい存在なのかもしれないと思います。年上の人妻熟女女性との出会いを求める若い男がいることは勇気をもらえます。

a.jpg

熟女人妻ブーム②

最近、「人妻ブーム」という言葉をちらほら耳にするようになりました。
昔から人妻には女子高生や女子大生程ではないにせよ、一定の需要が存在したのは確かです。
では何故今それがブームになっているのでしょうか。まず要因として考えられるのは男性のストレスの増加と経済力の低下ではないでしょうか。
「失われた20年」という言葉がありますが、近年は賃金が上がらないばかりか実質賃金は低下し続け、非正規雇用の増加や失業等で先の経済的な見通しも立てにくくなりました。
にもかかわらずサービス残業やブラック企業等労働環境は高度経済成長期と変わらないどころか悪くなってすらいます。そのような状況ではまず「若い女の子」にデートや食事、プレゼント等でコストを支払うことができなくなります。よって必然的に経済的に自立している割合の高いであろう、年齢層の高めの女性、つまり人妻へと需要がシフトします。またストレスが多くなっているということでこれまた年齢が低い故にどうしても世間知らずな「若い女の子」への需要は低くなり、人妻層へ需要がシフトします。それ以外にも勿論美容技術が進歩したことにより人妻が年齢を重ねにくくなったというのも要因として当然考えられますね。

人妻掲示板

  • 投稿日:
  • by

ある日、人妻掲示板でSMの美尻女王に出会いました。
この調教プレイが強烈だったので、私はその人妻から離れることが出来なくなってしまいました。忘れられない出会いです。
温泉旅館でエッチしまくった事もあります。
彼女の調教プレイは駅のトイレから始まりました。私が、下着に着替えると、その美尻の人妻はアナルにローターを挿入したのです。
後で気が付いたのですが、その人妻専用ツインローターは完全防水タイプでした。つまり風呂にもセットしたまま入浴できるスグレモノだっだのです。
「ズボンをめくってお前の汚いのを見せてみろ」列車に乗ると、彼女はそう命令しました。
イヤだと言ったのですが、ローターのスイっチを入れられるとダメでした。「ほら、あそこにいる男がお前を見てる。早く見せてやれよ」
彼が指差した方を見ると20代前半の男が私をちらちらと覗いていました。その視線の熱く粘っこい感じが、動き出した震動とともに私を変態男に変身させていきました。「ああ、スイッチを切って。ズボンに染み込んじゃう」
彼女は、女王様の人妻です。
彼女は私に聞こえるような声で言いました。私は彼女を見つめ、目が合うと思わず胸を採みしだき、両ヒザを大きく開きました。見られている。私のアソコに男の視線が釘付けになっている。
温泉に入ると、彼女はずぐさま私を混浴の露天風呂に連れて行きました。
すでに4時を過ぎていたので、先客がいました。彼女はそれを見越して私を露天風呂に連れて行ったのだと思います。「列車に乗っていた時から欲しくて仕方がなかったんだろ。お前はどうしようもない変態だな」人妻の彼女は私からタオルを奪い、あそこを採み始めました。
その露天風呂は20人以上も入れる大きなもので、先客の男の人は一番奥の方に浸かっていました。距離にすれば8メートル近くあったと思います。
しかし、私たちがいちゃつけばイヤでも目に留まってしまう距離ではあったのです。
彼女はアソコを採み続けながら、指を挿入してきました。
それがたまらなくい持ちよかったんです。

b.jpg